2012年10月05日

Paris 2003


すっかり秋です。

この時期のパリは、朝曇で今にも雨が降るのではないか
というような暗い朝に始まり、午後には抜けるような空が現れ
夕方になると怪しい男たちが道端で焼き栗を売り、怪しげな香りに包まれていた2003年Paris。

LEATHER-TUNA-paris2003_4.jpg

ポンヌフ


LEATHER-TUNA-paris2003.jpg

Centre Pompidou


LEATHER-TUNA-paris2003_2.jpg

エッフェルはパリの夕方を少しフレンドリーにしていました。





posted by tuna at 14:50| Comment(0) | TRAVELING

2012年07月04日

Jaipur India 2004




インドジャイプール。(動画UP)
この賑やかな道を行ったり来たりしながら、ひたすら石のセレクトに明け暮れる。

インドらしいインド。



大きな地図で見る






posted by tuna at 14:09| Comment(0) | TRAVELING

2012年04月16日

pushkal India


LEATHER-TUNA-pushkal.jpg
Pushkar India 1996

プチホリデーを過ごした、ヒンズー教の聖地プシュカル。
ジャイプールとは違うもう1つのラジェスターン。

街の中心に小さな湖があり、周りは白い寺院で囲まれています。
毎朝、このチャイショップで朝食を待ちながら、右往左往する人や動物や
不思議なババたちを眺めるのが、素敵な時間でした。
聖地だけあって、食用の肉や卵が一切存在しなかった記憶も。


LEATHER-TUNA-pushkal2.jpg

西洋人ツーリストが多く、写真はイギリスからバイクで旅をしていた旅行者。

当時の宿屋のほとんどは、寺院を改造したような粗末な部屋で
石のように硬く人型に窪んだベッドに、毎晩嫌気がさして「明日は必ずここを出よう」と思いながら
恐ろしく清らかな翌朝にもう1日、もう1日と時間が過ぎていく、そんな場所でした。

LEATHER-TUNA-pushkal3.jpg

そんな、聖なるプシュカル湖は、今や完全に干上がっているそう。
記憶のままにこの場所を留めておきたい。

LEATHER-TUNA-pushkal4.jpg



大きな地図で見る

posted by tuna at 16:13| Comment(0) | TRAVELING

2012年02月15日

Dharamsala


LEATHER-TUNA-Dharamsala.jpg
McLeod Ganj Dharamsala 2002/May

TUNA websiteでご紹介しているこの写真。
2002年に撮影したダラムシャーラーでのショット。

ダラムシャーラーは、1950年代末にダライラマ14世がチベットから
亡命して以来、亡命政権が置かれているというインドの中のリトルチベット。

LEATHER-TUNA-Dharamsala1.jpg

チベット文化とインドテイストが混ざり合った聖なる場所であり、
すぐそこにダライラマ法王が居て、トゥクパでも食べているのかと思うと不思議な感覚に包まれます。


LEATHER-TUNA-Dharamsala2.jpg
McLeod Ganj and the snowy peaks of the Dhauladhars in March 2007- by jpatokal


大きな地図で見る


posted by tuna at 12:22| Comment(0) | TRAVELING

2012年01月18日

Memory of Anjuna


LEATHER-TUNA-anjuna-memory1.jpg

日本が冬の時期になると、何故か南インドに心が向いてしまう。
たくさんの素敵な時間を過ごしたゴアシーズンの記憶のせいです。

アラビア海の沿岸に位置するゴアは熱帯気候のため、雨季の後の11月ぐらいから
続々とツーリストが集まり、クリスマス、ニューイヤーに向けて盛り上がっていきます。

LEATHER-TUNA-anjuna-memory2.jpg

我々はと言えば、時折雨も降る9月、10月の静かな時期からゴアINし
スイッチが入っていくこの海辺を、現地の人たちと迎えるわけです。

LEATHER-TUNA-anjuna-memory3.jpg

前のりしてくる多くのツーリストは、古い時代からゴアを愛した世界中のヒッピーたち。

LEATHER-TUNA-anjuna-memory4.jpg

そんな古い友人と1日中波の音を聞きながら、海とたわむれ、過ごした時間。

記憶が南に導くのです。





posted by tuna at 12:21| Comment(0) | TRAVELING