2011年11月22日

Sumatra Indonesia 1996-1997


1997年、インドネシア・スマトラ島、ブキット ラワング村。

野生のオランウータンを見るジャングルトレッキングが
有名なツーリストプレイスでありながら、
TUNAはいつの間にかジャングルガイドとなり、
レザーストッフを売りながら
足掛け1年、この美しいジャングルに滞在しました。

LEATHER-TUNA-Bukit-Lawang6.jpg
Jungle trekking guide-Umbrella


LEATHER-TUNA-Bukit-Lawang4.jpg
バンガローの外に、2人のオラン。

長期滞在したこの場所は、ジャングルトレッキングのキャンプ地。
村里から(毎回20キロの荷物を背負い)険しい道を歩いて1時間半ほど
電気もガスも水道も電話もトイレもない、いろんな意味ですごい場所でした。

滞在していたバンガロー。右が仕事場、左が寝室用。

LEATHER-TUNA-Bukit-Lawang.jpg
2部屋合わせて、当時1日1US$。

LEATHER-TUNA-Bukit-Lawang5.jpg
仕事場

LEATHER-TUNA-Bukit-Lawang3.jpg
住みついてくる愛すべき友人たち

LEATHER-TUNA-Bukit-Lawang2.jpg

バンガロー裏に流れる川の音が聞こえてくるようです。


大きな地図で見る

posted by tuna at 14:11| Comment(0) | TRAVELING

2011年11月04日

İstanbul 2010


LEATHER-TUNA--İstanbul.jpg
nov.2010 イスタンブール朝焼け

トランジットでの通過点に過ぎなかったイスタンブール。
昨年はフランス滞在の後、少しゆっくりと訪れてみました。

LEATHER-TUNA--İstanbul3.jpg

ヨーロッパとアジアを結ぶ交差点のような街。
いろんな文化の香りがします。

LEATHER-TUNA--İstanbul5.jpg

世界有数のメガシティと言われるわりには、なんだかほっとするような
人々と空気感があります。

LEATHER-TUNA--İstanbul2.jpg

日本から空路でトルコへ入国するときは、必ずと言ってよいほど拠点となるイスタンブール。
また立ち寄りたい素敵な街でした。




大きな地図で見る

posted by tuna at 07:26| Comment(0) | TRAVELING

2011年08月31日

Antalya Turkey 2010


今日で8月も終わり。
同時に夏も終わっていくようで、なんだか寂しいですね。

でもTUNAの故郷トルコには、これからがシーズンという美しいリゾート地があります。

LEATHER-TUNA-antalya.jpg
Antalya Turkey 2010

地中海に面したアンタルヤ地方。
7月、8月は暑すぎてビーチの長居もできませんが、地中海気候の
9月10月は日陰は涼しくドライ、泳ぐにも観光するにも最高のシーズンです。

LEATHER-TUNA-antalya2.jpg

フリーダイビングでも有名なこの辺りの海は深く、そしてとても澄んでいます。

LEATHER-TUNA-antalya3.jpg
Çıralı Özge Hotel & Bungalows Antalya

滞在したバンガローは、ビーチから200mほど。
庭には、オレンジやレモン、ざくろなどがたくさん実っています。

アンタルヤ-チロルは、海と山と遺跡が混在した、自然をたくさん感じれる素晴らしい場所でした。
トルコをご旅行の際はぜひ。



大きな地図で見る


posted by tuna at 12:22| Comment(0) | TRAVELING

2011年08月25日

Kathmandu Nepal 1995


1995年4月 ゴアのシーズンも終わり、インドを北上。陸路でネパールへ。
ゴアからムンバイまでは、当時電車がなくバス移動が基本でした。
約500kmの移動。夕方出発して、早朝ムンバイに投げ捨てられます。

そこから自力でムンバイ駅まで行き、ネパールに一番近い
インド国境近く‘ゴラクプール’まで向かいます。
写真↓はムンバイの駅。

LEATHER-TUNA-munbai.jpg
munbai central st.

ここから、いつ出発するかも分からない列車を待って、いよいよ乗り込むわけですが
ゴラクプールまでは、約1850km。この状態↓で2泊3日が基本です。

LEATHER-TUNA-india-train.jpg

ゴラクプールで下車の後、国境を越え、更にバスでカトマンドゥへ。
到着した頃には、ぼろ布のようになっています。

Kathmandu

LEATHER-TUNA-Kathmandu4.jpg
窓から見えるstupa/Kathmandu 1995

LEATHER-TUNA-Kathmandu1.jpg
Kathmandu 1995


LEATHER-TUNA-Kathmandu2.jpg

小さな革のピースでバングルなどを作るTUNA。
タメル周辺やスワヤンブナートで、作った小物を売りながら
目的も行く先もなく、5ヶ月もの間カトマンドズで過ごしました。

16年前は舗装された道路も少なく、土ぼこりに汚れた街。
貧しくとも、過酷な条件の中で生きるネパールの民は、人情もあつい。

遠くに見える雪のかかったヒマラヤと済んだ空のコントラストが美しい記憶です。



posted by tuna at 15:21| Comment(0) | TRAVELING

2011年08月19日

Pakistan-India-Nepal 1994


94年にトルコを出てから、5年もの間自国に戻らなかったTUNA。
イランを経て、パキスタンへ入国。

LEATHER-TUNA-Pakistan2.jpg
TUNA撮影

当時、装備なしのツーリストがこの陸路を横断するのは、とても過酷でした。
若さゆえにできる、そんな旅。

イスラマバード近郊のキャンプ場。

LEATHER-TUNA-Pakistan.jpg

パキスタン横断後、ラホールからインド国境を越えアルミトサル、そしてカシミールへ北上。
写真↓は、カシミールのハウスボートでのひととき。

LEATHER-TUNA-India3.jpg
TUNA撮影

カシミールから、シュリナガル、ラダックへ更に北上。
過酷なバス移動。舗装されていない山道を夜通し走り、キャンプで休息をとりながら。

LEATHER-TUNA-India2.jpg

ラダック、レーから南下し、マナリ、デリーへ。

LEATHER-TUNA-India1.jpg

陸路のみの無謀な移動を繰り返し、一緒に旅をしてきた友人は帰国の途へ。
ここから自分だけの恐ろしくノープランな旅が始まります。

LEATHER-TUNA-1994travel-map.jpg

デリー、カトマンドゥからゴア。
所持金も底を打ち、いよいよモノ作りを始め旅を続けます。

この時のゴアが、以前こちらでご紹介した、この時に繋がっていきます。



posted by tuna at 13:25| Comment(0) | TRAVELING